法律・安全性

【オンラインカジノの税金】確定申告・課税対象などを分かりやすく解説!

【オンラインカジノの税金とは】確定申告・課税対象などを分かりやすく解説!

オンラインカジノをプレイするうえで、気になることのひとつ、「税金」

過去にオンラインカジノの脱税で逮捕されたという実例は日本で1件もありませんが、気持ちよく楽しむためにも詳しく仕組みを知っておきたいところですよね。

  • パチンコや競馬も納税しないで良いから大丈夫!
  • 年間トータル100万円勝ちだから、大した税金はかからないでしょ?
  • 副業禁止の会社だからバレないようにするには…?

本記事では、オンラインカジノで発生する税金の仕組みについて、「納税する必要があるのか」「計算のやり方」「100万円勝ったらどのくらいの税金か」「申告に必要な書類」「会社にバレないようにするためには」について、分かりやすく解説していきます。

オンラインカジノで稼いだお金に税金はかかる?

オンラインカジノ 税金

オンラインカジノで稼いだお金に対して、税金はかかります。

パチンコやスロット、競馬や競輪などで稼いだ際に税金はかからないのに、なんでオンラインカジノだけ…?

理不尽では?

と思われるかもしれませんが、実はパチンコや競馬でも税金を支払う義務はあります。

ただ、パチンコ・競馬では勝ち負けが生じた際、銀行口座などのデータに残さず現金でのやり取りを行います。

データが残らないため税務署が実態を掴めず、納税している人がほぼいないというだけです。

えっ、パチンコの勝ち額も本当は税金を払わないといけないってこと!?

ご存知でない方や、ギャンブルでの収支に対して税金を払っている方はほとんどいないと思いますが、一応法律上は支払う義務があるのです。

パチンコで1万円勝っても、昔に着ていたコートのポケットに1万円が入っていたとしても、どちらもお財布は1万円増えます。

しかし、税務署がその区別を付けることが出来ないため、データとして残らない収支のやり取りを摘発することが不可能なだけです。

ブログやSNSなどでパチンコの収支を公開している人は、もしかしたら脱税で逮捕されるかもだね…

一方オンラインカジノの場合、勝利金が銀行振込や小切手など、記録に残る方法での受け渡しになるため、パチンコや競馬と比べると税務署がお金の流れを把握しやすく、納税義務を怠った場合にバレやすいです。

過去にオンラインカジノをプレイしていて脱税で逮捕された実例はありませんが、パチンコ・競馬などと同様に、オンラインカジノの勝ち金にも納税義務があるということを覚えておきましょう。

ぶっちゃけ払っている人は少数派だと思うけど、公の場なので言っておくね。勝ったらしっかりきっかり納税しよう!

オンラインカジノの税金・計算方法

オンラインカジノ 税金 計算方法

オンラインカジノで得た配当金は、納税の義務があります。

課税対象の決め方、税金額の計算方法について紹介します。

「勝ったとき」しか、ベット額は経費扱いにならない

オンラインカジノ 税金 仕組み

合計10万円をベットし、合計100万円の配当金を得た場合、「収支+90万円」で、税金を支払う義務が生まれます。

合計10万円をベットし、合計0円の配当金を得た場合、税金を支払う義務はありません。

これが基本的な考え方になります。

そりゃあ、負けたら税金取られる訳ないよね…

後ほど詳しく仕組みも説明しますが、「収支+50万円」を超えると税金を支払う義務が発生します。

しかし、「あなた目線での収支」と「税法上の収支」には認識の違いがあります。

  • 1日目…合計10万円をベットし、合計100万円の配当金を得ました。「収支+90万円」です。
  • 2日目…合計10万円をベットし、合計10万円の損失がありました。

あなた目線では合計「収支+80万円」です。

しかしこの2日間の合計収支は、「税法上」いくらになるのかと言うと、「収支+90万円」です。

あなたのお財布は1日目(勝った日)で「90万円増えた」状態で、2日目(負けた日)で「10万円減った」状態となり、結果「80万円増えた」となっています。

しかし、「収支+80万円」の状態なのに、税法上では「収支+90万円」の扱いになってしまうのです。

1日目(勝った日)の投資額10万円は、「利益を得るために使われたお金(経費)」として扱うことが出来ます。

2日目(負けた日)の投資額10万円は、「利益を得るために使われたお金」とは考えてくれません。

2日目の負け額である「10万円」を、利益から引き算してくれないのです。

勝ったときだけ税金を持っていかれて、負けたときのことは一切考慮してくれないんだよね…

極端な例ですが、次のケースではどうでしょう?

  • 1日目…合計300万円をベットし、合計300万円の損失がありました。
  • 2日目…合計10万円をベットし、合計100万円の配当金を得ました。「収支+90万円」です。

あなた目線では合計「収支-210万円」です。

しかしこの2日間の合計収支は、「税法上」いくらになるのかと言うと、「収支+90万円」です。

このケースの場合、「結果210万円負けた」状態ですが、税金を支払う義務があるということになります。

は?210万円負けてるのに、税金取られるの?
パチンコや競馬も同じだよ。年間1億円負けていたとしても、勝った日の合計金額が50万円以上あれば、例え年間1億円負けていても税金を支払う義務があるよ!

この仕組みは理不尽に思われるかもしれませんが、この仕組みで無いと何でもアリになってしまいます。

年収1,000万円の方が、オンラインカジノで年間収支-1,000万円になった場合、「収入無し」という扱いになり、税金を1円も払わなくても良くなってしまいます。

あー、一応脱税対策になってるのね…

オンラインカジノでの配当は、「一時所得」か「雑所得」扱い

オンラインカジノ 税金 配当

オンラインカジノで得た配当金は、法律上「一時所得」か「雑所得」として扱われます。

基本的には、オンラインカジノで得た配当金は「一時所得」として確定申告することが多いです。

「一時所得」は、特別控除額が最高50万円分、認められています。

控除額っていうのは、このくらいの金額は収入じゃ無かったことにしてあげるっていう金額。数字が大きいほど、納税者にはお得だよ。

また、「一時所得」は、控除された後の数字の半分が課税対象とされています。

オンラインカジノをプレイしていて、「税法上」の収支が+100万円、+300万円の場合、どのくらいの課税対象になるのか、例を挙げると以下のようになります。

年間収支+100万円

(収入100万円-特別控除50万円)÷2=25万円

25万円が課税対象額。

この25万円を、給与所得などの他の所得と合計した後、合計所得額から税率を導き出す。

年間収支+300万円

(収入300万円-特別控除50万円)÷2=125万円

125万円が課税対象額。

この125万円を、給与所得などの他の所得と合計した後、合計所得額から税率を導き出す。

【あなたの給与所得などの他の所得+オンラインカジノの課税対象額】から税率を導き出し、実際に払う税金を計算するプロセスとなります。

また、オンラインカジノで税法上の年間収支+50万円以下の場合、特別控除額50万円で相殺されるため、オンラインカジノによる税金を支払う義務はありませんので覚えておきましょう。

オンラインカジノは基本的に$での取引となるため、税金の計算はその日の電信売買相場の仲値により計算します。

え、100万円勝ったら25万円も税金払うの?
課税対象額は25万円だけど、それをそのまま払う訳じゃないよ。

【年収ごと】100万円勝ったらどれくらい税金が増える?

オンラインカジノ 税金 どれくらい

オンラインカジノによる税金はいったいいくらになるのか?という疑問に関しては、あなたの年収次第で変わるとしか言えません。

所得税に対する税率は、以下のようになっています。

課税される所得金額 税率
195万円以下 5%
195万円を超え330万円以下 10%
330万円を超え695万円以下 20%
695万円を超え900万円以下 23%
900万円を超え1,800万円以下 33%
1,800万円を超え4,000万円以下 40%
4,000万円超 45%

「課税される所得金額」と「年収」は同じではありません。

様々な控除があるため、必ず「年収」よりも「課税される所得金額」のほうが低い数字になります。

「年収400万円」の方ならば、おおよそ「課税所得170万円」となり、「税率5%」になります。

年収400万円の方がオンラインカジノで税法上年間収支+100万円の場合、課税対象額25万円が上乗せになるため、「税率5%」から「税率10%」に変わる恐れがありますが、その分控除額が増えるというメリットもあります。

「税法上」年間収支+100万

  • 年収300万円の方⇒所得税が12,500円ほど増える
  • 年収400万円の方⇒所得税が12,500円ほど増える
  • 年収500万円の方⇒所得税が25,000円ほど増える
  • 年収600万円の方⇒所得税が25,000円ほど増える
  • 年収700万円の方⇒所得税が50,000円ほど増える

所得税は大体上記のような計算になるが、更に住民税がプラスで増える。

住民税は年収に関わらず課税所得の10%ほどとなるため、「税法上の年間収支+100万円=課税所得25万円上乗せ」より、全ての年収の方が上記の金額から更に25,000円増える。

一般的な年収の方だと、大体37,500円~75,000円くらいの税金が取られる感じだね…

オンラインカジノの税金を払う際に必要な書類

オンラインカジノ 税金 書類

オンラインカジノで税法上の収支をしっかりと確定申告する場合、注意しておきたいのは1月1日~12月31日までの収支を申告するという点です。

確定申告を行う日付は、次の年の2月16日~3月15日となるので、うっかり申告する年の1月の収支などを含めたりしないようにしましょう。

税金を納める場合に必要な書類は以下の通りです。

  • 源泉徴収票(会社勤めの場合、年末年始頃にもらえます)
  • 支払調書(オンラインカジノ側から受け取ることが出来ます)
  • 経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要です)

支払調書はオンラインカジノ側にこちらから連絡して受け取ることになります。

ただ、現時点で支払調書の発行に対応していないオンラインカジノのほうが多いので注意しましょう。

また、自分自身で収支データを付けている場合、それをそのまま使うことも出来ます。

え、自分で付けたデータでも大丈夫なの?
全然大丈夫だよ。ただ、書面として印刷しておく必要はあるけどね。

書類を用意さえすれば後は確定申告をするだけになります。

分からないことがあれば、税務署の方に直接聞くことで確実に行えますので、初めての方はしっかり確認してもらいながら進めると良いでしょう。

オンラインカジノで税金が増えたことを会社にバレないようにするためには

オンラインカジノ 税金 バレない

会社勤めしているプレイヤーだと、オンラインカジノの配当金を確定申告することで税金が増え、会社にバレてしまうことを恐れる方もいると思います。

確定申告書には第1表・第2表とあるうちの第2表「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」という欄があり、2択のチェックがあります。

会社にバレたくないプレイヤーは、「給与から天引き」と「自分で納付」の2種類あるうちの「自分で納付」にチェックを入れておくと良いでしょう。

オンラインカジノ 税金 確定申告書

副業禁止の会社で働いているプレイヤーはチェックを入れておかないと、税金が高くなっていることで勘付かれてしまう可能性があります。

チェックを入れておけば、住民税の徴収票が自宅に届くようになるので、会社にバレる可能性を抑えることが出来ます。

これはオンラインカジノだけじゃ無く、他の副業がバレたくないときにも使えるよ!
最近は副業禁止の会社も減って来たけど、覚えておこう!

まとめ

オンラインカジノ まとめ

オンラインカジノで稼いだお金は税金を払う必要があるのか?

どのような仕組みで、大体どのくらいの税金を払わないといけないのか?

難しい話でしたが、なるべく噛み砕いて紹介して来ました。

  • オンラインカジノの配当金は税金を払う必要がある
  • 自分で付けた「収支」と、税法上の「収支」は別物
  • 「勝ったとき」だけ、ベット額を経費扱いしてOK
  • 税法上の年間収支が+50万円以下なら、オンラインカジノによる税金は0円
  • 一般的な年収の方なら、税法上の年間収支+100万円で税金が約4~8万円ほど増える

最後に当サイトでは、オンラインカジノ登録ボーナスなども準備しています。

CASINO LABからオンラインカジノに登録するだけで、数千円分ものチップを無料で使うことが出来るようになります。

興味のある方はこの機会に是非試してみて下さい。

がっぽり稼いでがっつり納税しよう!

-法律・安全性
-, ,

Copyright© CASINO LAB , 2019 All Rights Reserved.