ゲームルール ポーカー

テキサスホールデムのルール・流れ【役の確率や、用語を完全図解!】

アメリカでは最も人気の高いポーカーのルール、「テキサスホールデム」

日本で親しみのある、いきなり5枚のカードを確認した後に何枚かを交換して役を作るポーカーとは大きく流れが異なります。

  • ポーカーの役を知りたい
  • テキサスホールデムのルール・流れを知りたい
  • 役の出る確率を知りたい

本記事では、ポーカーの役の強さや出現確率、テキサスホールデムのルールや流れについて紹介していきます。

テキサスホールデム【役の強さ・出現確率】

テキサスホールデムはポーカーの1種なので、トランプを使って作る「役」はポーカーと同じものを使います。

ランキングに載せている「出現確率」は、一気にトランプを5枚引いた際、いきなりその役になっている確率です。

テキサスホールデムは実質7枚分使って良いため、役の出来やすさはぐっと上がります。

テキサスホールデム ポーカー 役

カードは「A」が一番強く、「K」が2番目に強いです。

また、「2」が一番弱いです。

同じ役同士で対戦した場合、ポーカーと同じく、強いカードを使って役を作った方の勝利となります。

テキサスホールデムのルール・流れ

テキサスホールデム 流れ

テキサスホールデムのルール・流れを解説していきます。

テキサスホールデムのプレイヤーは通常2~10人で行われます。

また、最初に全員が同じ額のチップを所持し、誰か1人が全員のチップを独り占めするまでゲームが続きます。

例えば1人1,000$のチップ、5人でテキサスホールデムを遊んだ場合、4人が0$、1人の所持金が5,000$になるまでゲームが続きます。

破産するか、大勝ちするかまで終わらない!それがテキサスホールデム!

そのため、下記に紹介するテキサスホールデムの流れを何周かすることとなり、1回のゲームでテキサスホールデムが終わることはまず有り得ないです。

テキサスホールデムでは、コミュニティ・カードと呼ばれる「プレイヤー全員が使える5枚」と、最初に配られる「プレイヤーごとの手札2枚」の合計7枚からポーカーの役を作り、強い役を作れた人の勝利となります。

コミュニティ・カードは、最初は0枚、次に3枚オープン、次は4枚オープン、最後に5枚オープン・・・といった形で、ゲームが進むにつれて中身が明らかになっていきます。

この後の解説は、5人プレイを想定して進めていきます。

①「ディーラー」を決める

一番最初に「ディーラー」と呼ばれる、いわゆる「親」をプレイヤーの中から決めます。

親の決め方は、プレイヤー全員でカードを1枚引き、一番強いカードを引いたプレイヤーが「ディーラー」となります。

また、「ディーラー」の目印として「ディーラーボタン」を使用し、1回のゲームが終わるたびに時計周りに「ディーラー」が回って来ます。

ややこしいけど、カードを配ったりチップを扱ってゲームを進行する「ディーラー」も別にいるからね!

②「ディーラー」の左隣、更にその左隣が「強制ベット」する

テキサスホールデム ブラインド

ゲームを始める前に、「ディーラー」の左隣、更にその左隣が事前に決められた額を強制的にベットしなければなりません。

「ディーラー」の左隣はSB(スモールブラインド)と呼ばれ、事前に決められた額をベット。

「ディーラー」の左隣の、更にその左隣はBB(ビッグブラインド)と呼ばれ、事前に決められた額の2倍をベットします。

事前に決められたベット額のことを、「ブラインド」と呼ぶよ!

ブラインドは通常「$10/$20」と表記され、それぞれ「スモールブラインドが10$ベットする」「ビッグブラインドが20$ベットする」という意味となります。

カジノのルールによっては、「$10/$30」のところもあるよ!

③最初の賭け(プリフロップ)・第1ベッティングラウンド

テキサスホールデム プリフロップ

最初の賭け(プリフロップ)は、ビッグブラインドの左隣、画像で言うと「PLAYER1」から始めます。

プリフロップが終了するには、全員のベット額が同じになる必要があり、同じになるまでは順番にターンが回って来ます。

プリフロップの特徴・醍醐味は、コミュニティ・カードが1枚も見えていない状態、つまり最初に配られた2枚だけでアクションを考えなくてはいけないところにあります。

基本的にテキサスホールデムで自分の番が回ってきた際に取れる行動は6種類あります。

  • コール・・・最後にチップを場に出した人と同じ額を賭ける。無言で同額を出すか、高額チップを1枚だけ出すこともコールを意味する。
  • フォールド・・・勝負に勝てないと判断し、降りる。今まで出したチップはポット(全員の賭け金を集めたもの)に送られる。無言でディーラーに手札を返すこともフォールドを意味する。
  • レイズ・・・最後にチップを場に出した人よりも、倍以上の額を出して賭け金を吊り上げる。
  • ベット・・・場にチップが出ていないときに使える。チップを最低ビッグブラインドと同額分、それ以上は任意で賭けることが出来る。
  • チェック・・・場にチップが出ていないときに使える。チップを賭けずに順番を次の人に回す。無言で机をコンコン叩いたり、指を回すジェスチャーもチェックを意味する。
  • オールイン・・・手持ちのチップを全額賭けること。
プリフロップは「チェック」「ベット」のアクションは取れないんだけど、ビッグブラインドだけ条件が揃えば「チェック」出来るよ。そのパターンを説明していくね!

プリフロップ フォールド

それでは最初の賭け(プリフロップ)を始めていきましょう。

一番最初に賭けを行う人物は、ビッグブラインドの左のプレイヤー1からとなります。

上記の画像だと、プレイヤー1の手札は「ダイヤの4」「クラブの2」とあまり強くないので「フォールド」を選択しました。

プリフロップ コール

プレイヤー2の手札は「ハートのJ」「ハートのQ」、スート(絵柄のこと)もハートで揃っている強い手札なので「コール」を選択しました。

この場合、最後にチップを場に出した人はビッグブラインドとして考えますので、「コール」すると20$をベットすることになります。

ディーラー フォールド

ディーラーの番です。

ディーラーの手札は「ダイヤの5」「スペードの2」とあまり強くありませんので「フォールド」を選択します。

テキサスホールデムは基本的に降りることのほうが多いからね~

スモールブラインド コール

スモールブラインドの番です。

スモールブラインドの手札は「ハートのK」「スペードの8」となかなか。

「コール」を選択しますが、スモールブラインドは一番最初に強制ベットとして10$を賭けています。

そのため、今回の最初の賭け(プリフロップ)では足りない分の10$出せば、「コール」と見なされます。

ビッグブラインド レイズ

ビッグブラインドの番です。

ビッグブラインドの手札は「クラブの8」「クラブのK」とスートが揃っており、かなり強い手札です。

この例の場合、ビッグブラインドはすでに20$をベットしているため、フォールドをする意味はありません。

順番が回ってくるまでに誰かに「レイズ」されていたら、これ以上出費を出したくないっていう意味でフォールドするのはアリ。今回は「レイズ」されていないから、フォールドは勿体ないってこと!

この場合、ビッグブラインドの取れる行動は2パターンあります。

  • 「チェック」してベット額を20$のまま、最初の賭け(プリフロップ)を終わらせる。
  • 「レイズ」してベット額を40$以上に上げ、もう1周、他のプレイヤーの行動を探る。

今回は手札も強いため、「レイズ」してベット額を50$に吊り上げました。

プリフロップ レイズ

プレイヤー2に再度順番が回って来ました。

強い手札であるため、「コール」してベット額を50$にします。

先ほどの順番で20$を出しているため、今回は足りない額である30$を出すことで「コール」となります。

また、もしここで「レイズ」したい場合は、「コールで追加する30$の倍以上」の追加ベット60$以上を出せば「レイズ」可能です。

このタイミングだと、プレイヤー2は先ほどのベット額20$と最低レイズ額60$、つまり合計ベット額80$からレイズが可能となります。

最初の賭け(プリフロップ)が終わるまでに、2回以上「レイズ」のアクションが出る場合は、「コールで追加する額の2倍以上」を吊り上げれば良いので、現在の場のベット額50$の倍である100$を出さなくても大丈夫です。

ここは間違えやすいから注意!

スモールブラインド レイズ

スモールブラインドに再度順番が回って来ました。

こちらも悪い手札では無いため、「コール」してベット額を50$にします。

先ほどの順番で合計20$を出しているため、今回は足りない額である30$を出すことで「コール」となります。

ここで、「フォールド」をしていない「プレイヤー2」「スモールブラインド」「ビッグブラインド」の3名のベット額が全員50$で同じになりました。

降りていない全員のベット額が「同じ」になるまで、次には進めないんだ。

合計150$がポット(全員の賭け金を集めたもの)に送られます。

・・・これで最初の賭け、「プリフロップ」は終了となります。

リミットありの場合

テキサスホールデムでは、リミットあり・リミットなしの賭け方があり、本記事の例は「リミットなし」のものです。

アメリカのカジノではリミットありのテキサスホールデムが主流です。

リミットありの場合は、最初の賭け(プリフロップ)で賭けることが出来る金額はビッグブラインドと同額までなので、上記の例の場合だと、「レイズ」が続いても10$⇒20$⇒30$⇒40$・・・とベット額が増えていくことになり、急激にベット額が上がることはありません。

また、テーブルにより違いがありますが、最高レイズ回数(1ベット3レイズなど)も設けられているため、青天井にレイズされることもありません。

②2回目の賭け(フロップ)・第2ベッティングラウンド

テキサスホールデム フロップ

最初の賭け(プリフロップ)が終わると、コミュニティ・カードが3枚配られます。

コミュニティ・カードを配るディーラーは、カードの山の一番上の1枚を捨てます。(バーンカード

バーンカードは、カードに傷やマークがついていて、事前に次のカード情報を知ってしまうというプレイヤー側の不正を防ぐためです。

コミュニティ・カードが配られた後、2回目の賭け(フロップ)が始まります。

2回目の賭け(フロップ)は、「スモールブラインド」から賭けが始まります。

フロップ スモールブラインド チェック

スモールブラインドの番です。

スモールブラインドの手札は「9」「10」となかなかでしたが、コミュニティ・カードを見ると、役なしで終わってしまう可能性が高まってしまいました。

ただ、このタイミングは場に賭け金が無いため、「チェック」のアクションを起こすことが可能です。

ここは「フォールド」しても損をしてしまうだけなので、とりあえず様子見の「チェック」を行いました。

フロップ ビッグブラインド ベット

ビッグブラインドの番です。

ビッグブラインドの手札とコミュニティ・カードを見ると、スート(絵柄)がクラブのカードが4枚もあります!

これはかなり強い役である「フラッシュ」のチャンスですので、「ベット」のアクションを行います。

あまり強気に行き過ぎて、他の2名に降りられると利益が少なくなってしまうかもしれませんので、ここは40$ベットしました。

利益を多くするため、強くても控えめにしておくことが正解のことがあるよ!

フロップ コール

プレイヤー2の番です。

プレイヤー2の手札とコミュニティ・カードを見ると、「J」のワンペアが揃っています。

ただそこまで強い役でも無いため、とりあえずここはビッグブラインドと同額の40$を賭け、「コール」します。

フロップ スモールブラインド フォールド

再度、スモールブラインドの番です。

ビッグブラインド、プレイヤー2が強気な姿勢を見せており、しかもこの手札とコミュニティ・カードでは戦えなさそうですね。

他の2名が大したことないのにブラフで突っ張ってきている可能性もありますが、ここは素直に「フォールド」で降りました。

ここで、「フォールド」をしていない「プレイヤー2」「ビッグブラインド」の2名のベット額が全員40$で同じになりました。

合計80$がポット(全員の賭け金を集めたもの)に送られ、最初の賭け(プリフロップ)の分150$と合わせて230$が貯まっています。

・・・これで2回目の賭け、「フロップ」は終了となります。

③3回目の賭け(ターン)・第3ベッティングラウンド

テキサスホールデム ターン

2回目の賭け(フロップ)が終わると、コミュニティ・カードが追加で1枚配られ、合計4枚が見えている状態となります。

ここでもバーンカード(不正防止で山の一番上のカードを捨てること)は行われます。

さぁここから一騎打ち!

ターンは、「スモールブラインド」から賭けが始まりますが、スモールブラインドは先ほどフォールドしてしまったため、今回は「ビッグブラインド」から賭けが始まります。

ターン ビッグブラインド チェック

ビッグブラインドの番です。

ビッグブラインドの手札とコミュニティ・カードを見ると、スート(絵柄)がハートのカードが5枚になり、「フラッシュ」が確定しました!

ここで「チェック」を行い、プレイヤー2も「チェック」をしてしまうと、3回目の賭け(ターン)が終わり、ポットにお金が貯まらず4回目の賭けに行ってしまいます。

勝てる確率は高いですが、強気に行き過ぎて降りられてしまうのも困ります。

最悪、プレイヤー2に「チェック」されても4回目の賭けがあるため、そこでプレイヤー2がたくさん釣られてベットしてくれることを祈り、ここは「チェック」を選択しました。

期待値だけを考えたら、強い手はどんどん行っちゃったほうが良いと思うけどね!
この駆け引きがギャンブラーを魅了するんだね!

ターン チェック

プレイヤー2の番です。

プレイヤー2の手札とコミュニティ・カードを見ると、ツーペアが揃っています。

ただそこまで強い役でも無いため、とりあえずここはビッグブラインドと同じく「チェック」します。

ここで、「プレイヤー2」「ビッグブラインド」の2名が「チェック」したため、3回目の賭け「ターン」は終了です。

現在、ポットには合計230$が貯まっています。

・・・このように、誰も賭けを行わずにベッティングラウンドが終了することもあります。

ちなみに全員チェックでベッティングラウンドが終わることを、「チェックアラウンド」と呼びます。

④4回目の賭け(リバー)・第4ベッティングラウンド

テキサスホールデム リバー

3回目の賭け(ターン)が終わると、コミュニティ・カードが更に追加で1枚配られ、合計5枚の全てが見えている状態となります。

ここでもバーンカード(不正防止で山の一番上のカードを捨てること)は行われます。

ターンは、「スモールブラインド」から賭けが始まりますが、スモールブラインドは2回目の賭けでフォールドしてしまったため、今回も「ビッグブラインド」から賭けが始まります。

リバー ビッグブラインド オールイン

ビッグブラインドの番です。

ビッグブラインドの役は非常に強力な「フラッシュ」です。

まず負けることは無いと踏んでいるため、ここは残りの全額をベットする「オールイン」を行い、910$を賭けました。

リバー オールイン

プレイヤー2の番です。

プレイヤー2の手札とコミュニティ・カードを見ると、なんと超強力な役「フルハウス」が完成しています!

ビッグブラインドが「オールイン」して来たため、相当強い手なのでしょうが、さすがに負けないでしょう。

ここは強気に「オールイン」返しを行い、910$を賭けました。

ここで、「プレイヤー2」「ビッグブラインド」の2名が「オールイン」したため、4回目の賭け「リバー」は終了です。

現在、ポットには合計2,050$が貯まっています。

・・・ちなみに今回の例では「オールイン」した二人のチップが同額だったため問題ありませんが、「オールイン」するチップが足りない場合などの問題が出て来ることもあります。

オールインするのにチップが足りない場合

オールインをしたいのにチップが足りない!という場面もテキサスホールデムをプレイすると出て来ることがあります。

残りのプレイヤーが2名、1対1の場合は、相手が「オールイン」をして来た額を手持ちで持っていない場合でもオールインが出来ます。

これを「ショートオールイン」と呼びます。

相手が「800$オールイン」してきて、こちらが「手持ち300$しか無くオールイン」をすると、ゲームを仕切るディーラーが確認を行い、相手側の出し過ぎてしまった「500$」を返還します。

つまり、あなたが勝っても相手が勝っても増える金額は一緒になるよう、調整されるということです。

3人以上のプレイヤーが「オールイン」した場合、2名のときと同様、「一番手持ちの少ないプレイヤーのオールイン額」がメインポットに入ります。

そしてメインポットに入りきらなかった分はそれぞれのプレイヤーに返還される訳ではなく、「サイドポット」という、メインポットとは別のポットに入ります。

場合によってはメインポットよりもサイドポットに入る額のほうが大きくなります。

3人が「オールイン」した場合、一番少ない額をオールインしたプレイヤーを除いた2名の中で勝者がサイドポットを得られます。

4人が「オールイン」した場合、一番少ない額をオールインしたプレイヤーを除いた3名の中で勝者がサイドポットを得られます。

また、オールインした際は手札をオープンすることがルールなので、ブラフをした場合はショーダウンでバレます。

⑤ショーダウンを行い、勝敗を付ける

テキサスホールデム ショーダウン

2名以上のプレイヤーが4回目の賭け(リバー)を終えて残っている場合、ショーダウンを行います。

ショーダウンとは、プレイヤーの手札2枚と、場に出た5枚のコミュニティ・カード5枚の合計7枚の中から、一番強い5枚の組み合わせを用いて、手の強さを競いあうことです。

勝たなければゴミっ・・・・・・!

勝たなければゴミっ・・・!

手札の公開は、直前に一番積極的なアクションを行ったプレイヤー(アグレッサー)から順番に公開していきます。

フルハウス フラッシュ

・・・ビッグブラインドは「フラッシュ」

・・・プレイヤー2は「フルハウス」

2名とも強力な役でしたが、今回はより強力な「フルハウス」を作れたプレイヤー2の勝利となりました。

勝利した「プレイヤー2」には、ポットに貯まっていた2,050$を手に入れることが出来ます。

ポットに貯まったお金は、手数料として数%取られるルールもあるよ。

また、残念なことに手持ち金が無くなってしまったビッグブラインドはここで退場となります。

⑥誰か1人がチップを独り占めするまで続ける

テキサスホールデム ポジション

次のゲームからは、退場となったビッグブラインドを除いた残り4名でテキサスホールデムを続けます。

ポジションは先ほどのゲームから全て時計周りにひとつずつズレます。

2ゲーム目のポジション

  • 1ゲーム目のディーラー・・・プレイヤー
  • 1ゲーム目のスモールブラインド・・・ディーラー
  • 1ゲーム目のビッグブラインド・・・退場
  • 1ゲーム目のプレイヤー1・・・スモールブラインド
  • 1ゲーム目のプレイヤー2・・・ビッグブラインド
一番最後にアクションを起こせるディーラーが一番有利と言われているよ!
完全な運ゲって訳じゃないんだね。

テキサスホールデムの用語解説

テキサスホールデム 用語解説

テキサスホールデムの用語解説です。

  • BTN・・・読み方・ボタン。ゲーム内でのディーラーのこと。最後にアクションを行うため、一番有利なポジションとされている。
  • SB・・・読み方・スモールブラインド。スモールブラインドの額を支払うポジション。2回目の賭け(フロップ)からは一番最初にアクションを行う。
  • BB・・・読み方・ビッグブラインド。ビッグブラインドの額を支払うポジション。
  • UTG・・・読み方・アンダー・ザ・ガン。最初の賭け(プリフロップ)で一番最初にアクションを行うため、一番不利なポジションとされている。
  • EP・・・読み方・アーリーポジション。10人プレイの場合、UTGとその左隣2名、合計3名を指す。
  • MP・・・読み方・ミドルポジション。10人プレイの場合、最初の賭け(プリフロップ)で4番目から6番目にアクションを行う3名を指す。
  • HJ・・・読み方・ハイジャック。BTNの2つ手前のポジション。
  • CO・・・読み方・カットオフ。BTNの1つ手前のポジション。
  • LP・・・読み方・レイトポジション。10人プレイの場合、一般的にBTNとCOの2名を指す。
  • ミニマムベット・・・賭けることの出来る最低ラインのこと。
  • ミニマムレイズ・・・上乗せする際の最低額のこと。
  • テーブルステークス・・・テーブルに持ち込んだ金額を上限としてしか賭けられないルール。ゲームの途中で手持ちチップを変動させることは出来ない。
  • レーキ・・・カジノなどのハウス側が手数料として徴収する額。リングゲームの場合は勝ち取ったポットの一部(大体5~10%)、トーナメントの場合は参加費の一部を徴収することが多い。
  • アンティ・・・SB、BBとは別にプレイヤー全員が一定の額を最初にベットする。ゲーム開始時点のポット額が大きくなる。
  • 有効スタック・・・賭けても意味のある資金。50$持ちのプレイヤーと100$持ちのプレイヤーが対峙した場合、ポットに入るのは最大でも50$までのため、この場合の有効スタックは50$。
  • コミット・・・全チップを賭けても期待値がプラスになると判断すること。もしくはそのような状況。
  • ドミネイト・・・プレイヤー同士の手札を比較し、1枚が同じ数字で、もう1枚は違う数字のこと。違う数字が強いプレイヤーが「ドミネイトしている」、違う数字が弱いプレイヤーは「ドミネイトされている」と表す。
ゲームは面白いけど、奥が深すぎて初心者には大変かも…

まとめ

オンラインカジノ まとめ

テキサスホールデムの役の強さや出現確率、ゲームのルールや流れについて解説して来ました。

心理戦という面が大きくゲームの結果に出て来るため、必勝法などは存在しませんが、逆に個人の力量が顕著に出るゲームでもあるため、上手い人はポーカーだけで資産を築くことも難しくないでしょう。

日本人でも賞金1億円を超えるプレイヤーが数名います…!

これからテキサスホールデムを勉強したい、興味があるという方の参考になれば幸いです。

また、当サイトではオンラインカジノの限定登録ボーナスを用意しております。

オンラインカジノであればリミットありのルールで遊べるため、大きなお金が動かず、テキサスホールデムの練習にはちょうど良いかなと思います。

興味のある方は是非この機会にCASINO LAB限定登録ボーナスを受け取り、遊んでみて下さい。

まだ登録していない方限定のボーナスだよ!多重登録はアカウント凍結などのペナルティがあるカジノがほとんどだから注意してね!

-ゲームルール, ポーカー
-, , ,

Copyright© CASINO LAB , 2019 All Rights Reserved.